top of page
  • 執筆者の写真企画室:山本

節分の日のウラ側

前回の投稿でもありましたが、2月3日の節分の日はサンシャインにもおなじみの鬼がやってきました。でも今年の節分はいつもと違います。これまでデイサービス専属契約だった鬼さんですが、今年はデイサービスでひと暴れしたあと、町内会の節分イベントにも登場です!

なんとこのたび、サンシャインボラーレ企画と町内会の節分イベントの初コラボレーションです。急遽決まったコラボイベントですが、私達の想いに賛同しボラーレの部でご協力いただいたギターの尼田さん、サックス&尺八の竹中さん、琴の高橋さん、ピアノの浜田さん、民謡の大谷さん、呉からわざわざかけつけてくれたキヨミン、本当にありがとうございました。子どもたちも楽しめるプログラムに感謝です。

第2部の町内会のイベントでは皆さんと一緒に恵方巻を食べたり、豆まきをしたりと賑やかでした。 でもどうしてコラボに!?それは年が明けたある日のことでした、町内会長さんからサンシャイン企画室の私達にご相談がありました。話を伺うと、この地域には高齢の方が多くいらっしゃるにもかかわらず、町内会でイベントを企画しても子どもばかりが集まり、高齢の方が集まりにくいとのこと。サンシャインで毎月開催しているボランティアの催し(ボラーレ)には多くの高齢の方が参加されており、町内会としては町内のイベントに高齢の方にもぜひ参加していただきたいという思いがあるそうです。「これからは私たち地域がお年寄りの生活を見守る!」そんな町内会長さんの思いに深く深く共感した私達です。 この日はサンシャインに幅広い年代の方々に集まっていただき、熱気と笑い声の中、今年の節分は無事幕を閉じました。参加者なんと驚きの130名!

こちらはイベント終了直後の鬼さんの姿です。

この「鬼さん舞台裏シリーズ」ももう何年目になるのか?ですが、今年も面白かったです。 群衆の中でぶつけられた「豆」というなの新聞紙攻撃に耐え抜いた直後の様子です。


また来年も待ってるよぉ~。




閲覧数:71回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page